こんにゃくパークの平日土日の混雑状況!入場料金はいくらなの?

Pocket

ヘルシー食品のこんにゃくを思いっきり食べまくれる施設、こんにゃくパークです。

最近は世のヘルシー志向のためか、人気が急上昇中とのこと。

せっかく行くなら空いている方が良いですよね?

やっぱり休日や連休時は混んでいるのでしょうか…。

また行くとなると気になるのが入場料金。

高いし混んでた…じゃあ嫌ですからね。

ということで今回は

こんにゃくパークの平日や土日の混雑状況は?

こんにゃくパークのGWや夏休みの混雑状況は?

こんにゃくパークの入場料金はいくら?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんにゃくパークの平日や土日の混雑状況は?

こんにゃくパークの平日や土日の混雑状況ですが、結論から言うと

土日の方が混む

ようですね。

まぁこの辺りは当たり前と言えば当たり前…。

人気のあるバイキングコーナー以外はそれほど混むことはないようですが、バイキングの待ち時間は土日で最大30分程度とのこと。

平日は大抵待ち時間なく入れるようですよ。

バイキングにはこんにゃくを使った様々な料理の他、こんにゃくスイーツまでありますから人気で混むのも納得です。

とは言っても最大30分、観光地だと思うとそれほどではないですよね。

平日なら大丈夫と言いましたが、意外と盲点なのは小中学生の長期休暇だそうで…。

連休中の状況はどんな感じでしょうか。

こんにゃくパークのGWや夏休みの混雑状況は?

こんにゃくパークのGWや夏休みの混雑状況ですが、結論から言うと

土日と同等

のようですね。

バイキングの待ち時間が最大30分程度…という感じみたいですよ。

特に食べる…ということだけにお昼の時間帯が1番混雑するようですね。

休日は人の動きも遅いこともあり、午前より午後の方が混んでいるとのこと。

連休や土日の場合は午前中が狙い目となっています。

そして、なんと混雑を避ける方法もあるんですよ!

それは「こんにゃく体験」を予約すること。

予約は前日までの受付となっていますが、体験予約をすることでバイキングが優先になるんです。

体験コースは「手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験」「こんにゃくカラーマジック体験」「てづくりこんにゃく体験」3つがありますよ。

費用は先ほどの順番で800円、500円、1,000円と非常にリーズナブル。

中学生以下は半額でして、小学生以上なら体験コースに申し込めるようですね。

子供は喜ぶでしょうし、良い経験にもなるでしょう。

それでいてバイキングも優先ということで、体験コースへの申し込みは非常に良さそうです。

関連記事はコチラ!

・こんにゃくパークのバイキングのおかわりは可能?メニューや制限時間は?

スポンサーリンク

こんにゃくパークの入場料金はいくら?

こんにゃくパークの入場料金ですが、結論から言うと

無料

です。

なんと入場料金の他、駐車場料金もバイキングも無料なんです!

無料で食べ放題ですからね…恐ろしい…。

更になんと足湯も最近出来たそうで、こちらももちろん無料となっていますよ。

いったいどこでお金を儲けているのか…。

それは製品の販売なんだそうです。

お土産として買ってもらうために、試食の意味合いでバイキングがあるんですね。

ただ、試食レベルではなくバイキングという太っ腹具合。

普通のこんにゃくはもちろん、これこんにゃくなの?って製品も多くて非常に楽しめますよ。

無料で食べただけに…ついつい買わなくちゃって気になるのが狙いかも?笑

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

こんにゃくパークの平日や土日の混雑状況は…土日は最大30分程度の待ち時間

こんにゃくパークのGWや夏休みの混雑状況は…最大30分程度の待ち時間

こんにゃくパークの入場料金は…無料!

こんにゃく体験をしてお土産買っても非常にリーズナブルに楽しめそうですよね。

近くには世界遺産となった富岡製糸場や、群馬サファリパークもありますので是非足を運んでみて下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

関連記事はコチラ!

・こんにゃくパークのバイキングのおかわりは可能?メニューや制限時間は?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする