核シェルター(家庭用)の価格や販売方法は?個人で日本で作りたい!

Pocket

出典:http://money-academy.jp

北朝鮮の動向が不安定な今、核の脅威が気になるところですよね。

万が一にも「核兵器を使用する」なんてことになったら…日本にも影響があることは間違いないでしょう。

そのためか、核シェルターについて漠然と考えている人も多いようです。

個人で導入すると価格はどのくらいかかるのか?

また、買うとしたらどこで販売しているのか?

この辺りを調べてみましたよ。

戦争以外にも、福島原発の件のように「原発事故」にも対応できるかもですからね。

家庭用の核シェルターを考えている人は、結構多そうです。

ということで今回は

家庭用の核シェルターの価格はどのくらい?

家庭用の核シェルターの販売方法は?

日本に秘密の核シェルターはあるのか?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

家庭用の核シェルターの価格はどのくらい?

家庭用の核シェルターの価格ですが、結論から言うと

500万円~

くらいとなりそうです。

核シェルターを調べてみると、日本でもいくつかの会社が販売しているようですね。

まずは大阪にあるシェルタープランニングさんという会社を見てみましょう。

こちらでは家庭用として180万円~となんですね。

この金額に含まれるのは核シェルターのキモである「手動発電機付きの空気ろ過機」がメインとなるようです。

そしてどんな部屋にでも取り付け可能なんだそうです!

取り付け費用は10万円~となっていますので、200万円くらいである程度の形にはなるのかも?

とは言っても衝撃などから身を守るものではなく、放射性物質からの保護がメインかと思いますよ。

ミサイルなどの攻撃には無力と言えそうですね。

続いて株式会社アースシフトさんという会社を見てみましょう。

こちらは1番安い物で225万円~となっています。

しかし「梯子・フロアパネル」や「ハッチ連動排気ファン」といったものはオプションとなっており、他にも必要な設備は色々とあるでしょう。

ですが、こちらは一般的に想像する「地下室タイプ」となり防空壕的な役割も果たすのではないでしょうかね?

より安全を見るならこちらなのでしょうが…その分価格はお高い状態かと。

基本設備は200万円~くらいで購入出来そうですが、細かい設備や工事費などを考えると500万円程度~は必要となりそうです。

家庭用の核シェルターの販売方法は?

家庭用の核シェルターの販売方法ですが、結論から言うと

専門業者に依頼

となりそうです。

先ほど紹介したように、いくつかの会社が対応しているのでそちらで要相談ということになりそうですね。

さすがにコンテナみたいな倉庫を、楽天やアマゾンでポンと買うようにはいかないです。

と思ったら…なんと楽天に売っていましたよ!

お値段は840万円だそうで、この中で10時間過ごすことが出来るとのこと。

果たして10時間で周囲は安全になるのか…謎な部分もありますけども。

ですが一般的には知識もあまりないでしょうから、専門業者と相談するのが無難ですよね。

イメージ的には家を建てる時のような感じでしょう!

むしろ、家を建てる際に家庭用の核シェルターの設置を相談すると、効率よくいきそうな気がしますね。

日本ではなかなか地下室の設置と言うのが難しいでしょうから、その辺りもノウハウのある専門業者が安心でしょう。

【関連記事はコチラ】

【速報】特別重大報道はICBMミサイル!北朝鮮が発射したら迎撃は不可能?

防毒マスク(サリン対応)は楽天やアマゾンで買える?吸収缶の使用時間や期限は?

排他的経済水域とは?をわかりやすく解説!領海との違いは何?

また、核シェルターだけでなく万が一の時の備えは大切ですよね。

北朝鮮リスクだけでなく、震災などでも利用出来る防災グッズはコチラです!


日本に秘密の核シェルターはあるのか?

日本に秘密の核シェルターはあるのかどうかですが、結論から言うと

間違いなくある

ハズですね。

秘密なのかどうかは微妙ですが、皇居首相官邸防衛庁あたりはあると思って良い気がしますね。

都市伝説レベルではありますが「東京の地下鉄網も一種のシェルター」という噂もあるようです。

確かに地下鉄の一部には、かなり地下深くを走る物もありますからね。

そして、興味深いデータとして「日本核シェルター協会」というところが公開している「人工あたりの核シェルター普及率」というものがあります。

それによると…なんと日本では0.02%なんです!

つまり…1万人辺り2人分のシェルターということ…。

統計局が発表した平成28年10月1日現在の総人口は1億2693万3千人だそうです。

なので、0.02%というと…2万人強でしかないということですね。

天皇家や政府関係などの、日本という国を維持するために超重要な人物しか利用出来そうもありません。

これが「秘密の核シェルター」と言われる由縁かもしれませんね。

逆に言うと、一般人で個人的に…いわゆる家庭用を設置している方はほとんどいないと見て良さそうです。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

家庭用の核シェルターの価格はどのくらい…500万~くらい

家庭用の核シェルターの販売方法は…専門業者に相談

日本に秘密の核シェルターはあるのか…人工辺り0.02%の普及率らしい

日本では全くと言って良いほど普及していないことがわかりましたね。

北朝鮮の核の脅威ももちろんですが、原発大国なだけに日本こそ家庭に核シェルターが普及するべきと思います。

値段が値段だけに、まずは国を挙げて実施していくようになればありがたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

【速報】特別重大報道はICBMミサイル!北朝鮮が発射したら迎撃は不可能?

防毒マスク(サリン対応)は楽天やアマゾンで買える?吸収缶の使用時間や期限は?

排他的経済水域とは?をわかりやすく解説!領海との違いは何?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする