佐藤蛾次郎がガキ使で浜田になる理由!息子は俳優のあの人だった?


佐藤蛾次郎

出典:http://matome.naver.jp

佐藤蛾次郎さんと言えば笑ってはいけないシリーズ。

似てないのに浜田雅功さん役になり、笑いが取れる理由と俳優の息子さんを検証していきます。

スポンサーリンク

佐藤蛾次郎ってどんな人?

佐藤蛾次郎さんは大阪府出身の俳優、タレントです。

1944年8月9日生まれの、現在71歳ですね。

本名は佐藤忠和(さとうただかず)さんと言うようです。

1953年に朝日放送児童劇団に入団し、1961年に「神州天馬侠」の泣き虫蛾次郎を演じたことから芸名を現在の佐藤蛾次郎(さとうがじろう)に変更しています。

1968年にはテレビドラマ「男はつらいよ」に出演しており、1969年からは映画「男はつらいよ」で最終作まで出演を続けています。

また、東京都中央区銀座でスナック「蛾次ママ」を営業しています。

常連客には千葉真一さん、桜木健一さん、小沢真珠さん、矢部美穂さん、渡嘉敷勝男さん、城咲仁さん、猫ひろしさんなどがいると言われていますね。

この「蛾次ママ」では、かつて経営していたカレーハウスで出されていた二日酔いしない薬膳カレーが、「寅さんカレー」として限定裏メニューになっているそうです。

ガキ使で浜田になる理由は何?

佐藤蛾次郎さんと言えばガキ使こと、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」での「笑ってはいけないシリーズ」ですよね。

「新聞社」「ホテルマン」「スパイ」「地球防衛軍」「大脱獄」など、数多くの回で出演していますよね。

中には写真だけの出演の時もありましたが…。

やはり佐藤蛾次郎さんのような、一見お笑いに全く関係がなさそうな方が刺客として送られてくると…それだけでついつい笑っちゃいますよね。

そもそも、笑ってはいけないシリーズはその空気感だけで既に笑ってしまいそうになります。

中でも佐藤蛾次郎さんはマツコ・デラックスさんと行った「ドカベン」の寸劇が面白かったですよね。

バラエティ番組なんて出演しそうにない佐藤蛾次郎さんだけに、出演するだけでついつい笑ってしまいます。

なんとも美味しいところを持って行きますね。

笑ってはいけないシリーズでは、浜田雅功さんに似ているものとして笑いを取るというパターンがありますね。

このパターンでも佐藤蛾次郎さんは重要な役割を果たしていますね。

でも、どう考えても浜田雅功さんと佐藤蛾次郎さんは似ていないんですけどね。

逆に言うと全く似ていないかつ、あの圧倒的な存在感が毎回のように起用されている理由なのではないでしょうか。

浜田雅功さんに似ているところを強いて挙げるならば、小柄なところと大きな存在感ですかね?

その風貌とキャラクターがもはや名人芸の域に達していると言え、笑ってはいけないシリーズでは「出てくるだけで笑わせられる」というレベルになっていますね。

今後もまた浜田雅功さんにて笑わせてくれるのではないかと思うと、楽しみで仕方ないですね。

【関連記事はコチラ】

レッド吉田がリアル野球盤で戦力外の原因は?息子も野球をやっている?

渡部建と佐々木希の現在はどうなった?元カノは女優の伊藤裕子?

菊間千乃の転落事故の原因は?責任は防災グッズ会社の社長が取ったのか?

スポンサーリンク

息子は俳優のあの人だった?

そんな佐藤蛾次郎さんの息子さんは俳優だと言われています。

一部で噂があったのが「佐藤隆太さん」との親子疑惑ですね。

それに関してはコチラの記事をご覧ください。

【佐藤蛾次郎と佐藤隆太が親子って本当なのか?他に子供はいるの?】

佐藤蛾次郎さんの息子さんは佐藤亮太さんという俳優さんです。

1996年に放送された「交通調査員」で主役としてデビューしています。

2006年の「魔弾戦記リュウケンドー」では、父親の佐藤蛾次郎さんが以前演じた源公のオマージュのキャラクター「ガジロー」を演じたことが話題になっていますね。

「爆走!トミカヒーローグランプリ」では親子共演を果たしています。

しかし最近は俳優としての活動を行っていないようですね。

現在は父親である佐藤蛾次郎さんと、母親の3人で「蛾次ママ」というお店をやっているようですね。

佐藤蛾次郎さんは料理が上手なことも有名でして、「男はつらいよ」の撮影現場でカレーを配っていたというのは有名な話ですね。

また、薬膳にも詳しくその知識を活かしたカレーなんだそうですね。

なんでもこれを食べると二日酔いしないらしいですよ。

食べてみたいですね。

こちらのカレーは「蛾次ママ」の裏メニューとして存在するそうで「寅さんカレー」というそうですよ。

お値段は1000円とのことです。

このカレーは佐藤蛾次郎さんが最近出演した「天皇の料理番」の撮影現場でも披露されたそうです。

そんなエピソードがあるカレーが1000円ですから、ファンの方にとっては凄く安いのではないでしょうか?

しかしですね、裏メニューというだけにいつでも食べられるわけではないそうですね。

まぁ確かに、カレー屋さんなわけではありませんからね。

とはいえ、地鶏、セロリ、人参、玉葱、高麗人参、クコの実などをフードプロセッサーで細かくし、じっくりと時間をかけて煮込んだ薬膳カレー…食べてみたいですね。

「蛾次ママ」で運が良ければ食べられるそうですよ。

まとめ

佐藤蛾次郎さんは笑ってはいけないシリーズで重要なポジションを務めていますね。

その圧倒的な存在感と、特徴的な風貌から似てもいない浜田雅功さん役で笑いを取ることが出来ます。

息子さんは俳優の佐藤亮太さんという方で、現在は奥様と息子さんと3人で「蛾次ママ」というお店をやっていますね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です