長山洋子の子供の学校はどこ?夫は離婚歴があって子供もいた?

Pocket

出典:http://www.zakzak.co.jp

元アイドル歌手であり、現在は演歌歌手として活躍している長山洋子さんです。

そんな長山洋子さんの旦那さんはアメリカの方なんですよね!

演歌大好きな一流企業の社長さんですが、いったいこの旦那さんは誰なのでしょう?

また、実は夫は離婚歴があって…他の女性との間に子供もいるらしいですね。

長山洋子さんとの子供と共に、色々と調べてみましたよ。

ということで今回は

長山洋子の子供の学校はどこ?

長山洋子の旦那って誰?

長山洋子の夫は離婚歴あり?子供もいた?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

長山洋子の子供の学校はどこ?

出典:https://twitter.com

長山洋子さんの子供の学校ですが、結論から言うと

不明

ですね。

結婚されたのが2009年4月6日でして、その調度1年後の2010年4月6日に自身のブログにて妊娠を公表しています。

そして8月16日に女の子が無事生まれていますので、2017年9月現在ですと7歳ということになりますね。

となると今年から小学生といったところでしょうか?

気になる小学校や幼稚園ですが、一切情報が出ていないんです…。

ちなみにお子さんの名前は「まこ」ちゃんだそうで、旦那さんがアメリカ人のため本名は「スミス・マコ・サンシャイン」ちゃんなんですね。

あ、長山洋子さんも結婚して本名は「スミス・洋子」となっています。

長山洋子の旦那って誰?

出典:http://xn--u9jy52gltao0yd4ds6jqz2di5c.com

長山洋子さんの旦那さんですが、結論から言うと

マーク・スミスさん

ですね。

スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社という会社の社長さんでして、人材派遣会社のようですよ。

元々はニューヨークに本社のあるIT企業の社員としてフロリダから日本に来日された方なんです。

そして日本で2004年に会社を設立したんですね。

長山洋子さんとの馴れ初めはというと、実はテレビ番組の「バリバリバリュー」なんです。

独身女性が海外の独身社長に取材をするといった内容だったのですが、そのオファーを受けたマーク・スミスさんはインタビュアーに長山洋子さんを指名。

なぜ指名をしたのかというと、マーク・スミスさんは大の演歌好きで長山洋子さんの大ファンだったそうです。

取材時には一緒に歌を歌ったりと大満足。

番組終了後には熱烈なアプローチを長山洋子さんにして、見事に交際へと発展したそうですね。

【関連記事はコチラ】

羽山みずきのWikiプロフ!紅花慕情で新人賞を獲得!ブログからみる性格は?

鈴木京香と長谷川博己の年齢差は?年齢サバ読み詐称疑惑も出てる?

スポンサーリンク

長山洋子の夫は離婚歴あり?子供もいた?

マーク・スミスさんですが、結論から言うと

離婚歴があって子供もいる

という噂がありますね。

これは先ほど紹介した、2人の出会いとなった「バリバリバリュー」でのことですね。

このロケのために、アメリカに行った長山洋子さんはマーク・スミスさんの実家に向かいます。

実家にはキッズルームがあったそうで、マーク・スミスさんはバツイチで子供とは別居状態だとされていたとのことですよ。

先ほど紹介したように、IT企業の社員として日本に来日された方ですので…それより前にアメリカで結婚していたということかもしれませんね。

来日したのが1994年と言われていますので、マーク・スミスさんが23歳とかそのくらいなんですよね。

となるとバリバリバリューの時にはキッズルームというような年齢ではないような気も…。

来日はしているものの、アメリカと日本を行き来するような生活をしていたのかもしれませんね。

ちょっとこの辺りはハッキリとした情報がないようです…。

バツイチで子供がいる…という噂がある…程度と思っていた方が良いかもですね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

長山洋子の子供の学校は…不明

長山洋子の旦那って…人材派遣会社社長のマーク・スミス

長山洋子の夫は離婚歴あり?子供もいた…という噂あり

8月にはテレビドラマ「居酒屋ふじ」にも出演したように、歌手だけでなく女優としても活躍していますね。

お子さんも小学生ということで、今まで以上に芸能活動に力をいれてくる可能性もありそうです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

羽山みずきのWikiプロフ!紅花慕情で新人賞を獲得!ブログからみる性格は?

鈴木京香と長谷川博己の年齢差は?年齢サバ読み詐称疑惑も出てる?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする