生島マリカのWiki風プロフィール!壮絶人生の自伝はアラーキーが撮影!


生島マリカ

出典:http://ameblo.jp

清原和博さんが薬物で逮捕されたことで、生島マリカさんが話題になっていますね。

調べてみたところ、かなり壮絶な人生を歩んできた方でした。

そんな人生を綴った自伝はなんとアラーキーが撮影したとの噂ですね。

ということで今回は

生島マリカってどんな人?

壮絶人生がヤバい!

自伝の表紙はアラーキーが撮影?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

生島マリカってどんな人?

生島マリカ(いくしままりか)さんは…一言で言うならば何になるのでしょう、作家ですかね?タレントですかね?

元ホステスで、1971年生まれの現在44歳ですね。

出身地は兵庫県生まれの大阪育ちになっています。

2015年12月22日に自伝「不死身の花」を出版しています。

まだWikiなどはないようですので、プロフィール情報は生島マリカさんのブログから引用させて頂きますね。

生島マリカと言います。

神戸生まれのミナミ育ち。

44歳。現在は香港、東京、大阪を拠点とし、

あとは旅して暮らしてます。

2015/12/22に新潮社より「不死身の花」という本が出ます。

全国の書店、またはAmazonなどでご購入できます!

よろしくお願いします。

出典:http://profile.ameba.jp

なんでもお父さんが韓国出身だそうで、ご自身は在日韓国人2世ということになるようです。

兄弟は9人だそうですが、みんな父親もしくは母親が違うという難しい家庭に生まれているようです。

そんなことから容易に想像は出来ますが、かなり壮絶な人生を歩んできています。

壮絶人生がヤバい!

生島マリカさんの人生なんですが、結論から言うと

ヤバいくらい壮絶

でした。

父親は韓国から渡ってきた商才溢れる方だったそうで、母親は語学堪能な方だったそうです。

裕福な在日韓国人の子供として生まれた生島マリカさんの転機となったのは、13歳の時に実の母親が亡くなり、父親が再婚したことだったようです。

その後は家を追い出されストリートチルドレンとして生活、16歳で銀座デビュー、更には離婚、癌の発病、そして息子の家出と、正に壮絶な人生です。

その壮絶な人生の内容は自伝の中に書かれていますね。

山口組分裂という、日本アンダーグラウンド界に激震が走った2015年を締めくくるように、大物ヤクザの一代記に勝るとも劣らない凄まじい自叙伝が生み出された。

(中略)

著者の生島マリカ氏は、「船を漕いで日本に渡った」と語る宝石商の父親と、エキゾチックな美貌と数カ国語を操る頭脳を持ち合わせた母親のもと、裕福な在日韓国人として神戸に生まれた。

しかし、幼少期から在日韓国人ということでいじめられ、また父親の再婚を機に継母に家を追われる形で13歳でストリート・チルドレンになり、団地の廊下で出前の残飯を探して食べて生き延びる。

14歳という若さで借金を抱え、北新地に飛び込みホステスとしての人生をスタート。

16歳で銀座デビューを果たし、その後はモデルとしても活動。

プロ野球選手・清原和博や大物経済ヤクザの息子をはじめとする各界の猛者との恋愛、結婚、離婚、出産、癌の発病、レイプ……再びの癌。

45歳になる今、作家として「死ぬこと以外のすべて」と闘い、自伝を書くことでこれまでの人生を昇華しようとしている。

出典:http://nikkan-spa.jp

13歳で家を追い出されるという、始まりだけでも壮絶な人生なことがわかりますよね。

その後はホステスとして生計をたて、現在まで人生を切り開いてきたのは本当に凄いことです。

清原和博さんとの交際は嘘だったとか、交際していたことを公表したのは売名行為だとかいう噂もあるようですね。

生島マリカさんと清原和博さんは現在でも交流があるようで、ブログ内にも登場していましたね。

2015年7月29日の清原和博さんが逮捕される前のことですね。

親友 清原和博と久々の夕食。

某鮨屋にて。

マリカ「○▲×~□!!」

キヨ「◇△!▼○?」

隣席のご婦人「あなたたち仲良しねえ。ご兄妹?」

マリカ&キヨ「あ、はい」「そうです」

キヨ「ほんま男みたいなやつで」

マリカ「ほんま女運わるいやつで」

爆笑

マリカ「そういえば、あんたの背中一面に龍の彫り物あるて書いてあったで」

キヨ「またか!俺そんなんないわ!」

マリカ「ほなちょっと見せてみぃ」

キヨ「見せたらぁ」

マリカ「ほんまや、何も描いてない」

キヨ「せやろ?」

「うん」「うん」

清原くんの背中に龍の彫り物があるというのはデマでした。

出典:http://ameblo.jp

このブログにて本当に清原和博さんの背中の画像が載せられているんですよね。

その画像がコチラです。

清原和博 刺青
出典:http://ameblo.jp

現在も交際が嘘だったという噂もありますが、現在も友人として仲良くしているというのは間違いないですね。

【関連記事はコチラ】

中居正広も薬で逮捕【速報】?疑惑の原因はMステで見せた禁断症状か?

武井壮も薬で逮捕だって?清原和博へのコメントから感じる人間性が凄い!

スポンサーリンク

自伝の表紙はアラーキーが撮影?

生島マリカさんの自伝の撮影ですが、結論から言うと

アラーキーこと荒木経惟の撮影

で間違いありません。

山口組分裂という、日本アンダーグラウンド界に激震が走った2015年を締めくくるように、大物ヤクザの一代記に勝るとも劣らない凄まじい自叙伝が生み出された。

まず表紙が秀逸だ。

アラーキーが撮りおろしたウエディングドレス姿の美しさに、誰もが目を奪われるだろう。

出典:http://nikkan-spa.jp

ということで、自伝「不死身の花」の表紙写真はアラーキーこと荒木経惟さんの撮影で間違いないですね。

なんでもモデルとして荒木経惟さんの写真集に出演したこともあるようですね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。
生島マリカさんは…作家もしくはタレントです

壮絶人生が…かなりヤバい!

自伝の表紙は…アラーキーこと荒木経惟さん撮影です

壮絶人生を乗り越えて現在の人生を切り開いた生島マリカさん、本当に凄い方ですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

中居正広も薬で逮捕【速報】?疑惑の原因はMステで見せた禁断症状か?

武井壮も薬で逮捕だって?清原和博へのコメントから感じる人間性が凄い!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です