春香クリスティーンの部屋がこんまり流で綺麗に!その後はリバウンド?


春香クリスティーン

出典:http://www.officiallyjd.com

片付け出来ないタレントの春香クリスティーンさんですが、こんまり流の片づけで部屋が綺麗になりました。

こんまり流の紹介と、この部屋のその後の様子を調べてみました。

スポンサーリンク

春香クリスティーンってどんな人?

春香クリスティーンさんはスイス・チューリッヒ出身のタレントです。

1992年1月26日生まれの、現在23歳ですね。

父親は日本人で母はドイツ系スイス人のハーフでして、日本での本名は佐藤春香さんです。

スイスでの本名はハルカ・クリスティーン・サトウさんですね。

スイスの出身ですが、2008年に子供の頃から憧れていたという日本に単身来日しています。

2010年4月には上智大学文学部新聞学科入学しています。

2年間の休学期間があったものの、2013年10月より復学していますね。

ドイツ語、日本語、フランス語、英語を話せるそうですね。

スイスではその土地柄が影響して、ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語の4つが公用語となっているようです。

春香クリスティーンさんの出身であるチューリッヒは、スイスの北部(ドイツ側)に位置するためドイツ語が主に使用されているそうです。

とは言えど4か国語を話せるって凄いことですよね。

政治ファンを公言しており、国会議事堂グッズ集め、国会議員の追っかけ、政治家カルタなどの趣味があるようです。

若い女性には珍しいですよね。

でも、もしかしたら若い世代が政治に無関心なのは世界的には日本くらいなのかもしれませんが…。

父親と母親に関してはコチラの記事をご覧下さい↓

春香クリスティーンの父親の職業が凄い!両親の出会いは仕事がきっかけ?

部屋が汚い!

春香クリスティーンさんの部屋があまりにも汚いということが話題になっていましたね。

あまりにひどい汚部屋状態のため、テレビの企画で片付けを行ったことが記憶にある方も多いのではないでしょうか。

テレビ番組内ではかたづけコンサルタントのこんまり先生や、お片付けコンシェルジュの中山真由美先生が改善に挑んでいますね。

部屋がこんまり流で綺麗に!

春香クリスティーンさんの部屋は汚いのもそうですが、物を片付けられないといった印象がありますね。

掃除をする習慣もないとのことですので、汚いことも事実ですが…。

こんまり先生こと近藤麻理恵さんは最近テレビや雑誌などでもおなじみのかたづけコンサルタントですよね。

小さな頃から研究し続けているこんまり流片づけ術は、リバウンド率もゼロだと評判で特に女性からの支持がとても高いんだそうですよ。

独特なのが「ときめくかどうか」といった表現だと思います。

「必要か必要でないか」、ではなく「ときめくかときめかないか」で捨てる物を決めるんですよね。

こんまり流の片づけ10箇条はこのようになっています。

・「ときめき」を基準に残すものを選ぶ。
・「片付け祭り」の開催日を決めて一気に。
・収納を考えるのは最後。
・場所ごとではなく、モノ別で片付ける。
・モノの定位置を決めること。
・新しいモノを手に入れたら、新たに定位置を決める。
・書類は全捨てが基本。
・衣類→本類→書類→小物類→思い出品という順で片付ける。
・持っている物は全て床に広げる。
・思い出の品はダンボールに収納してしまった時点で、死んでしまっている。

「金スマ」の企画内で、こんまり流片付けにより見違えるほど春香クリスティーンさんの部屋は綺麗になりましたね。

そして、こんまり先生は「私が卒業と言った人にリバウンドした人はいない」として有名な方ですので、期待されていたのですが…。

【関連記事はコチラ!】

春香クリスティーンの父親の職業が凄い!両親の出会いは仕事がきっかけ?

春香クリスティーン逮捕の理由はコレだ(動画有り)!ドッキリも号泣でやり過ぎの声!

スポンサーリンク

その後はリバウンドで元通りに!

ところが春香クリスティーンさんの部屋が綺麗だったのは半年ほどの期間だけでしたね。

こんまり先生からは「卒業」と言われていないのかもしれませんが、残念ながらリバウンドしてしまう結果となりました。

管理人よしの個人的な意見としては、「片付けられないのは許せるけど、掃除せずに汚いのは許せない」です。

泣きながら、物にごめんなさーいごめんなさーいと言って片づけていた春香クリスティーンさんでしたが、残念ながらこんまり流は失敗に終わっています。

別番組では、お片付けコンシェルジュの中山真由美先生が挑戦していますが…こちらも見事にリバウンドで元通りでしたね。

あまりにもひどい状態に「やらせ」なのではないかといった噂も挙がっています。

確かにハーフタレントが売れており数もかなり増えてきていますが、生き残るためにはやはり人と違ったアピールポイントが欲しいですよね。

例えばローラさんは「おバカキャラ」でヒットしたわけですし、売りとなる物が必要だと思います。

春香クリスティーンさんの場合はそれが「汚部屋キャラ」なのかもしれません。

たとえそれが何であっても、話題になったものが勝ちな芸能界でありますから、「汚部屋キャラ」もありなのかもしれませんね。

まとめ

春香クリスティーンさんの部屋は、こんまり流で確かに綺麗になりました。

しかしその期間はおよそ半年で、その後は見事なまでにリバウンドして元通りの状態になっています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

【関連記事はコチラ!】

春香クリスティーンの父親の職業が凄い!両親の出会いは仕事がきっかけ?

春香クリスティーン逮捕の理由はコレだ(動画有り)!ドッキリも号泣でやり過ぎの声!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です