マイオカインとは何?増やし方は筋トレいらず!簡単分泌法と有効な食べ物!

Pocket

「若返りホルモン」なんて言われて、今話題になっているのがマイオカインです。

なんでも糖尿病などの予防や、脂肪を燃焼させる効果があるとのことですよ。

血糖値を下げる効果が認められ、脂肪分解や認知症予防などの効果もある夢のようなホルモンなんですね。

いったいこのマイオカインとはなんなのか、どうすれば効果的に増やすことが出来るのか気になるところです。

また、効果をより引き出す食べ物なんてのもあるようです。

ということで今回は

マイオカインとはいったい何?

マイオカインの増やし方には筋トレは必要ない!

マイオカインをより効果的にする食べ物!

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

マイオカインとはいったい何?

マイオカインですが、結論から言うと

筋肉で作られる物質

ですね。

マイオ(myo)というのが「筋肉」だそうで、カイン(kein)「作動物質」なんだそうですよ。

筋肉で作られる物質の総称ということで、ある特定の物を指すわけではないとのこと。

「ビタミン」みたいなイメージですかね?

ビタミンAやビタミンCみたいに、かなり多く種類があるようにマイオカインも現在は50種類以上が発見されているそうです。

ただ、どこの筋肉でも作られるというものではなく…なんと下半身の筋肉、特に太ももやふくらはぎの筋肉から分泌されるんです!

新しい筋肉が作られた時…のみに発生し、4ヶ月しか持続しないとか!

つまり、常に新しい筋肉を作り続けないとマイオカインは分泌され続けないということですね。

ちなみにマイオカインには次のような効果があると言われています。

・筋肉を作る

・骨を作る

・抗炎症

・免疫力増加

・脂肪を減らす

このような効果から「若返りホルモン」として、数々の病気などの治療や予防に期待されているんですね。

ですが…筋肉が作られた時に発生ということで、筋トレなどの辛いトレーニングが必要なイメージがありますよね…。

マイオカインの増やし方には筋トレは必要ない!

マイオカインの増やし方ですが、結論から言うと

低負荷でも効果がある

ことがわかっています。

太ももやふくらはぎの筋肉から分泌されるということで、効果が高いのはスクワットと言われていますね。

ですが「筋トレ!」というほど気合を入れた運動ではなく、低負荷の運動でもマイオカインが分泌されることが確認されています。

いきなり筋トレを始めるのは難しいので、おすすめはストレッチです!

太ももやふくらはぎをゆっくりと伸ばすようなストレッチが効果的ですね。

そして、原理はよくわからなかったのですが…どうやら運動すればするほど分泌されるわけではないんです。

一定量以上は分泌されないようで、それ以上新しい筋肉を作ってもマイオカインが増えるわけではないとのこと。

なので、軽い運動を毎日続けることが効果的なんです!

1度に高負荷の運動をするよりも、低負荷の運動を毎日続けることの方が効果的ですので、毎日短時間のストレッチを日課にするのが1番ですね。

スポンサーリンク

マイオカインをより効果的にする食べ物!

マイオカインをより効果的にする食べ物ですが、結論から言うと

高タンパク低脂質のもの

なんです。

鶏のささみや、牛や豚のひれ肉、更にはマグロカツオなどが有名ですね。

ですが、なかなかそういった食品を摂取するのは大変なことも事実です。

なのでおすすめとなるのは牛乳ですよ!

飲むだけなので簡単ですし、良質のタンパク質が豊富です。

筋肉はタンパク質で出来ていますので、筋肉を壊して新たに作るためにはタンパク質が必要なんです。

だから高タンパクで低脂質の食品が良いと言われるんですね。

食品からだけに限らず、プロテインなどを利用するのも効果的かつ手軽ですよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

マイオカインとはいったい…筋肉で作られる物質

マイオカインの増やし方には筋トレは必要ない…ストレッチでOK!

マイオカインをより効果的にする食べ物…牛乳がおすすめ!

まだまだ未知の部分も多いようですが、今後更に研究が進むことは間違いないですね。

脂肪の燃焼効果や免疫力の増加から、様々な病気の予防に効果的です。

今回はマイオカインにスポットを当てましたが、結局のところ健康の基本は適度な運動と良質な食事ですね。

更に、良質な睡眠を組み合わせればバッチリかと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です