太川陽介が小学校の野球チームに参加?子供の学校はどこ?


太川陽介

出典:https://www.youtube.com

おしどり夫婦、子煩悩で有名な太川陽介さんですが、なんでも小学校の野球チームに参加していたという噂があるようです。

噂の真相と、一人息子のことを検証していきます。

スポンサーリンク

太川陽介ってどんな人?

太川陽介さんは京都府出身の俳優、タレントで元アイドル歌手です。

1959年1月13日生まれの、現在57歳ですね。

本名は坪倉育生(つぼくらいくお)さんです。

1976年に「陽だまりの中で」でレコードデビューしています。

1977年に発売された「Lui-Lui」が大ヒットとなり、第19回日本レコード大賞を初めとする各音楽大賞の新人賞を総なめにしています。

1980年代後半頃よりアイドル歌手から俳優・タレント業に転向し、映画やドラマ、バラエティ番組などに数多く出演しています。

1995年に女優の藤吉久美子さんと結婚し、2001年には長男が誕生しています。

藤吉久美子

出典:http://ameblo.jp

現在は舞台を中心に、ラジオパーソナリティや旅番組に出演していますね。

特に旅番組での、蛭子能収さんとの印象が強いです。

小学校の野球チームに参加ってどういうこと?

そんな太川陽介さんですが、なんでも小学校の野球チームに参加しているといった情報があるようですね。

ちょっと調べてみたところ、これは太川陽介さんの一人息子の弘喜君が小学生の頃に所属していた野球チームでの話のようです。

太川陽介さんの親バカエピソードは有名で、とっても微笑ましいですよね。

太川陽介さんは大の野球好きで、息子を甲子園に出場させることが目標なんだそうです。

そんなこと勝手に言われても…と子供は思いますが、子供の弘喜君も野球に打ち込んでいるようです。

いやぁなんとも微笑ましい光景です。

2001年生まれの弘喜君は現在中学生のようですが、小学生の頃には太川陽介さんがよく野球の練習を観に行っていたんだそうです。

それこそ仕事のない土日は毎回のように行っていたようですね。

本当に子煩悩ですよね。

そんな出向いた野球チームでは次第に玉拾いなどを手伝うようになり、いつの間にか野球チームに参加するようになってしまったようですよ。

口うるさいだけの保護者は野球チームのコーチからしたら迷惑ですが、色々と手伝ってくれる保護者はありがたいですね。

そんな太川陽介さんの息子さんが所属する野球チームは、清原和博さんや中山秀征さんの息子さんがいるチームと対戦したこともあるようです。

その時、相手チームのベンチには清原和博さんがいたそうです。

野球界では清原和博さんがベンチにいた方が凄いですが、太川陽介さんがいるというのも一般人からしたら驚きですけどね。

ちなみに、太川陽介さんの息子の弘喜君は巨人のファンなんだそうです。

【関連記事はコチラ】

山口もえの学歴が実は凄かった!再婚した田中裕二との子供の予定は?

レッド吉田がリアル野球盤で戦力外の原因は?息子も野球をやっている?

佐藤蛾次郎がガキ使で浜田になる理由!息子は俳優のあの人だった?

スポンサーリンク

子供の学校はどこ?

太川陽介さんと藤吉久美子さんの子供は先ほど紹介した弘喜君1人ですね。

現在ではそれほど珍しくないですが、当時としては珍しい高齢出産だったため話題になりましたね。

当時太川陽介さんは43歳、藤吉久美子さんは40歳ですかね?

年がいってからの一人息子ですので、子供が可愛くて仕方ないみたいですね。

太川陽介さんと藤吉久美子さんのおしどり夫婦、そして親バカエピソードは有名ですね。

一人息子の弘喜君は先ほど紹介したように、太川陽介さんの期待を一身に受けて野球に取り組んでいるようですね。

夢はメジャーリーガーだと語るくらい本人ものめり込んでいるようです。

学校は「立教」と言われていますね。

立教と言いますと、加藤浩次さんの息子さんや南原清隆さんの息子さんなどが通っていると言われています。

わりと有名人の子供が多い学校ですよね。

立教には「立教池袋中学校」「立教新座中学校」の2つがあるようですね。

確証はないですが、恐らく立教池袋中学校だと思われます。

子供の弘喜君はなんでも太川陽介さんにそっくりだそうです。

あまりにもそっくりなので「何でもそっくりにペタンペタンという意味」で、周囲からはスタンプ印鑑商品名のニックネームが付けられているそうです。

うーん、もしかして「シャチハタ」ですかね?

あまり嬉しくないニックネームな気がしてしまいますが、そのくらい似ているんだそうです。

しかし、2世タレントになるつもりはなく野球選手を目指しているようですね。

もうすぐ高校生になるでしょうから、「太川陽介の息子が甲子園出場!」なんてニュースが流れることに期待しています。

まとめ

太川陽介さんは子煩悩で有名ですが、息子の弘喜君が小学生の頃には毎週のように野球の練習を観に行っていたようです。

そのうちに玉拾いなどを手伝うようになり、野球チームに参加してしまったようですよ。

弘喜君は現在中学生になっており、通っている学校は立教と言われています。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です