秋本治の新作は亀岡?新連載の皮切りはBLACK TIGERから!自宅や年収、家族についても!

Pocket

出典:http://natalie.mu

秋本治さんってご存知ですか?

名前を聞いてもピンとこない方も多いかと思いますが、あの「こち亀」の作者なんですよね。

2016年に40年間にわたり続いたこち亀の連載が終了し、単行本も最終回を迎えました。

ニュースなどでも大きく取り上げられ話題になりましたよね。

40年間続けた連載が終わり一息つくかと思いきや…一気に新作を4つも発表してきましたよ。

いやぁ…本当にこの人は凄い人です。

そんな秋本治さんなのですが、気になる新作情報から自宅年収家族などについて調べてみました。

ということで今回は

秋本治の新作は亀岡?

新連載の皮切りはBLACK TIGER!

秋本治の自宅や年収、家族は?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

秋本治の新作は亀岡?

秋本治さんの新作ですが、結論から言うと

亀岡が舞台

のようです。

既に4作品が、それぞれ別の漫画誌で不定期連載されることが決まっていますね。

京都・亀岡が舞台となるのは、2017年2月から週刊ヤングジャンプで連載を予定している「京都女学院物語―ファインダー―」です。

こちらは舞台を京都・亀岡に、カメラ部員の女子高生の日常を描いたストーリーだそうですよ。

秋本治さん曰く、「LOVE抜き少女漫画」とのこと。

秋本治さんの描く少女漫画というのは…あまり想像出来ませんね。

しかしどんな作品なのか、今からわくわくしてしまいます。

新連載の皮切りはBLACK TIGER!

新連載の皮切りですが、結論から言うと

BLACK TIGER!

となりそうです。

新作4作品の中でいちばん早いのが、2016年12月21日からグランドジャンプで連載される予定の「BLACK TIGER-ブラックティガー-」なんですね。

こちらも主人公は女性、なんと黒髪の女ガンマンというから驚きです。

激しい銃撃戦の中を生き抜く姿を描いているということで、こちらも「こち亀」とは全く違った漫画となりそうです。

これまた秋本治さんの描く銃撃戦漫画というのは想像が出来ません。

想像出来ないだけに、楽しみとも言えますけどね。

残りの2作品はと言いますと、過去のシリーズが待望の復活となるそうです。

2月4日発売予定のジャンプSQ(スクエア)にて「Mr.Clice-ミスタークリス―」が、3月18日発売予定のウルトラジャンプにて「いいゆだね!」が予定されています。

以上の全4作品全てが、女性主人公をメインにした作品のようですよ。

4作品の予告画像コチラです。

その「全てが女性主人公」ということに対して、秋本治さんはインタビューでこう答えています。

 ――4作とも女性が主人公。こち亀で中年男の両さんを40年を描き続けた反動だろうか。
それ、よく言われるけど違います(笑い)。

例えば「ティガー」は主人公以外、全員むさくるしい男。

僕はデビューした頃から女性を描くのが苦手で、迷いながら描いていた。

マドンナ的な貞淑な女の子を描くことが多く“動かない”と感じていた。

でも1999年、こち亀に下町の男っぽい女性キャラ纏(まとい)を出したら、読者の反応が凄かった。

描いていて面白く、こういう女の子を主人公にしたいと思っていた。

出典:http://www.sponichi.co.jp

女性を描くことが苦手だったというのは意外に思いますね。

1999年が既に17年前ですからね、それより前の女性キャラというとイメージがなくても仕方ないかもしれません。

【関連記事はコチラ】

御伽ねこむと結婚した藤島康介は離婚歴あり?元嫁はアシスタントで作画担当と事実婚?

神谷浩史はやっぱり中村光と結婚していた!子供もいるのに公表しなかった理由がヤバい!

スポンサーリンク

秋本治の自宅や年収、家族は?

出典:http://www.hochi.co.jp

秋本治さんの自宅や年収、家族ですが、結論から言うと

あまり情報がない

ようですね。

秋本治さんの出身地で「こち亀」の舞台にもなった葛飾区に、アトリエびーだまという自宅兼会社の事務所があります。

年収についてはハッキリとした金額は不明ですが、「億を超える」と言われているんですよね。

漫画家の収入と言いますと大きく分けて「原稿料」「印税」の2つがあるようです。

こち亀が40年間続いており、コミックが200巻となっていますし…更にはアニメ化やドラマ化もしていますからね。

年収の多くが「こち亀関係の印税」なのではないかと予想されます。

しかしそれだけ稼いでいるにも関わらず、以前テレビ番組で公開された葛飾区にある自宅の様子を見てみると、思ったよりも地味な生活をされているように見えます。

もちろん大きな家と事務所であることは事実なのですが、基本的に派手な印象はありません。

家族に関しても、奥さんと娘さんが2人という情報はあるのですが、それ以上のプライベートは語られていないようです。

この辺りからも人柄と言いますか、稼いでいても派手に使っていなそうな感じがしますよね。

秋本治さんは、ギャンブルや遊びにもほとんど興味がないんだそうです。

純粋に漫画を描くことが好きで、それを続けていくうちに極めていった感じなんでしょうね。

きっと「こち亀」が終了しても、「暇になったから漫画描くか」なんて言って一気に4作品なんじゃないでしょうか?

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

秋本治の新作は亀岡…が舞台の物が1作

新連載の皮切りは…BLACK TIGERから

秋本治の自宅や年収、家族は…詳細は不明

今回は秋本治さんについて調べてみましたが、最後に紹介したように派手な生活をしていないんですね。

なんとなく本人の写真からもそういった雰囲気が出ているように感じます。

こち亀の連載終了は非常に残念ですが、不定期連載と言えども一気に4作品の新作は凄いですよね。

それぞれどんな作品になるのか、今から楽しみです!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

御伽ねこむと結婚した藤島康介は離婚歴あり?元嫁はアシスタントで作画担当と事実婚?

神谷浩史はやっぱり中村光と結婚していた!子供もいるのに公表しなかった理由がヤバい!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です