児嶋一哉は高身長でイケメンだけど性格が悪い?高い演技力の秘密!


児嶋一哉

出典:http://laughy.jp

相方の渡部建さんだけでなく、最近はイケメンと言われる児嶋一哉さんですが性格が悪いといった情報もありますね。

性格の悪さや、高い評価を受けている演技力の秘密などを検証していきます。

スポンサーリンク

児嶋一哉ってどんな人?

児嶋一哉さんは東京都出身のお笑いタレント、俳優です。

お笑いコンビ「アンジャッシュ」のボケ担当ですね。

1972年7月16日生まれの、現在43歳です。

お笑いを目指そうと思っていたが、当時東京にお笑いの養成所がなかったので第一歩のきっかけがつかめなかったそうですね。

ところが、同じ中学校出身の先輩にはB21スペシャルのヒロミさんがおり、更にはヒロミさんの妹と同級生だったこともあり、ヒロミさんの母親へ相談し弟子入りをお願いしたと言われています。

しかしこの時は断られ、その後には番組収録中のヒロミさんに会い、その時に直接弟子入りのお願いをするも再度断られたという経験があります。

その後は先輩であるヒロミさんも所属していたことがあるプロダクション人力舎が、スクールJCAを開校する事を知り入学を決意したと言われていますね。

しかし、スクールJCA一期生のオーディションでは応募者中唯一補欠合格だったと言われています。

そしてスクールJCAの一期生として入っていますが、相方が見つからずピン芸人として1993年にデビューしています。

アンジャッシュとしてデビューしたのは1994年のことで、今の相方である渡部建さんは声をかけた5人目だったというのは有名な話ですね。

2008年には「トウキョウソナタ」で俳優デビューし、この映画で演技力を高く評価されその後も俳優としての活動も続けていますね。

2011年9月10日には、15年付き合った元タレントの坪井志津香さんと結婚しています。

高身長でイケメンだけど性格が悪い?

児嶋一哉さんはその長身もあると思いますが、ネット上では「わりとイケメン」などと話題になっています。

気になるその身長ですが公称では177cmとなっていますね。

この数字に違和感はあまりなく、サバを読んでいるといった感じはないと思います。

凄く身長が高いわけではないですが、成人男性の平均身長が170cm程度ですので、児嶋一哉さんの身長は高い方ですね。

「わりとイケメン」などという、失礼ながら微妙な言い回しになった理由はやはり相方の渡部建さんの存在かもしれません。

渡部建さんは芸人の中ではイケメンですので、やはり並んで立つと渡部建さんの方がイケメンに見えてしまうんですよね。

しかし、最近のアンジャッシュはソロでの活動が増えてきたので児嶋一哉さんのイケメンぶりにもフォーカスされるようになったのではないでしょうか。

そんな「隠れイケメン」な児嶋一哉さんですが性格が悪いという噂もありますね。

いじられキャラなところと、そのいじりに対してキレ芸で返すところが印象悪く見えるのかもしれませんね。

性格が本当に悪かったらあんなに周りからいじられることもないでしょうし、あのいじりは愛情なんだと思いますけども。

他にはちょくちょくTwitterが炎上していることが、性格が悪いと言われる原因かもしれません。

「中井正広のブラックバラエティ」ではアイドルへのセクハラや、「逃走中」では他の人を囮として利用しようとしたりと、このような行為が炎上の原因だったりしますね。

確かにこれだけ見ると性格が悪そうですが、これも児嶋一哉さんの「芸人としてのキャラ」なのではないかと思うんですよね。

管理人よしの個人的な感想としては、こういうキャラを作っているだけで性格が悪いわけではないと思います。

【関連記事はコチラ】

渡部建と佐々木希の現在はどうなった?元カノは女優の伊藤裕子?

武井壮の英語は道案内出来るぐらいペラペラ!ゴルフスイングもかっこいい!

狩野英孝の元嫁の名前と仕事は?ロンハー企画での歌の評価はいかに?

スポンサーリンク

高い演技力の秘密!

児嶋一哉さんは俳優としても活動しており、高い演技力が評価されていますね。

2008年に出演した黒沢清監督の作品「トウキョウソナタ」での演技力が高く評価されたことがきっかけとなり、俳優としての活動も積極的に行っていますね。

「最近は、芸人の仕事よりも俳優としての仕事の方が多いんじゃないですかね。それくらい、話題作に出ていますよ。ドラマ出演でもギャラが1話20万円くらいと破格なので声も掛けやすいそうです」

(芸能事務所関係者)

これまでに児嶋が出演した主だった作品を見ても、その辺の中堅俳優以上に話題作に出ているのがわかる。

「初めて映像作品に出たのが大御所、黒沢清監督の『トウキョウソナタ』ですから。この作品はカンヌ国際映画祭で賞を取るなど、さまざまな映画祭で高く評価された作品でした。そのおかげで関係者の目に留まったのか、吉田大八監督、園子温監督などのヒットメーカーにも呼ばれ、ドラマもNHK大河ドラマの『龍馬伝』に出演するなど、着実に俳優としてステップアップしています」

(テレビ局関係者)

出典:http://news.livedoor.com

このように非常に高評価で、最近でも「花咲舞が黙ってない」「HERO」など有名かつ話題のドラマや映画にも出演していますね。

そもそも芸人の中では、演技力が高いというのは評判だったと言われていますね。

確かに、アンジャッシュのコントですと演技力がないと面白くなりませんよね。

アンジャッシュのすれ違いコントでは「誰かになりきる」ことが大事ですから、演技はやはりうまいはずですよね。

辛口のネット住民からも高評価ですね。


演技力の秘密ですが、やはりアンジャッシュのコントである「すれ違いコント」が大きいと思います。

そもそも、児嶋一哉さんは相方の渡部建さんが「相方探しで声をかけた5人目」なだけに「辞められたら困る」と思っていたそうです。

なので、リーダーとして全てのネタを書き、渡部建さんを車で送り迎えしたり、近所の区民センターの会議室をおさえたりといったことを全部やっていたそうです。

まさに至れり尽くせり、なのは渡部建さんですが、の状態だったと言われていますね。

こういった経験も俳優をやるうえで生きてきているのではないかと思いますよね。

ネタを全部書いていたというのも大きいのではないでしょうか。

まとめ

児嶋一哉さんの身長は177cmと比較的長身ですね。

性格が悪いと言われますが、個人的には「芸人としてのキャラ」なのではないかと思います。

俳優としても高い評価を受けていますが、その秘密はやはりアンジャッシュの「すれ違いコント」にあるのではないでしょうか。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です