松永直樹のWikiプロフ!ボードゲームソムリエが勧めるゲームがヤバい!

Pocket

出典:http://yasaibowl.com

本日12月20日放送の「マツコの知らない世界」松永直樹さんという方が出演するようですね。

この方どうやらボードゲームソムリエというそうで、「人生ゲームの世界」を熱く語ってくれそうです。

誰もが1度は遊んだことがあると言える人生ゲームだけに、どのような深い世界があるのか気になるところです。

そしていったい「ゲームボードソムリエ」っていったいなんだというのも気になりますね。

そんな松永直樹さんについて調べてみましたよ!

ということで今回は

松永直樹ってどんな人?

ゲームボードソムリエって何?

松永直樹のお勧めゲームは?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

松永直樹ってどんな人

松永直樹さんですが、結論から言うと

ゲームボードソムリエ

ですね。

まずは簡単に松永直樹さんについて調べてみました。

松永直樹さんは埼玉県春日部市出身でして、現在は「株式会社いないいないばぁ」というところでボードゲーム事業を担当しています。

ボードゲームを始めてやったのは小学1年生の時で、「人生ゲーム」だったそうです。

両親からクリスマスプレゼントとして買ってもらったようですね。

人生ゲームは定番ですので多くの方が1度はプレーしたことがあると思いますが、子供から大人までみんなで楽しめるゲームです。

しかし、この時点では松永直樹さんはまだ「ボードゲームにハマる」まではいかなかったようですよ。

そんな松永直樹さんに転機が訪れたのが中学1年生の時。

祖父に買ってもらった「コロコロコミック」ボードゲームの特集が載っていたんだそうです。

この特集がきっかけでボードゲームに興味を持ち、1つ買ってみると説明書などと一緒についてくる「他のゲームのカタログ」でどんどんとのめり込んでいきます。

カタログって面白いですからね、知らないゲームが載っているというだけでついつい読み込んでしまいます。

そしてそんなことをしていると…どんどん欲しくなるんですよね。笑

そんなこんなで高校時代には100を超えるボードゲームのコレクションがあったそうですよ!

それが大学時代には250になるというから…驚きですね。

大学3年生の時にはドイツで年に1回開催される「エッセン・シュピーレ国際ゲーム祭」に参加するため単身ドイツへ向かったそうです。

こういった行動力って凄いですよね。

私には単身でドイツに行く勇気はありません…。

この「ドイツ ボードゲームの旅」がきっかけとなり松永直樹さんは「ボードゲームソムリエ」を名乗るようになるんです。

ゲームボードソムリエって何?

出典:http://www.i-i-b.jp

ゲームボードソムリエですが、結論から言うと

ゲームボードのソムリエ

ですね。

ってそのまんまなんですが…まぁワインなどのソムリエのボードゲーム版と思って頂ければ良いのかと思います。

ボードゲームの知識が豊富で、遊び方や選び方などに長けている方といった感じですかね?

ドイツから帰ってきた松永直樹さんは、「ボードゲームソムリエ」と書いた名刺を作り、ブログにゲームの紹介記事を書くなどの活動を始めます。

地道な活動だったそうですが、その甲斐あって「ボードゲームをやりましょう」という声がたくさんかかるようになったそうです。

参加費500円でゲーム大会を開催するものの、少人数での開催ということもあり会場費の方が高くつき、赤字続きだったそうですよ。

この時は全くビジネスにはならなかったそうですが…やはりこういった行動力は凄いです。

その後は大学を卒業し企業に就職するのですが…ボードゲームと縁のない職場にやりがいを見出せず2ヶ月で退職したそうです。

退職後も色々と仕事をしたものの長くは続かなかったみたいですね。

ところが、「株式会社いないいないばぁ」の立ち上げを知ったことがまた人生の転機となっています。

コピーライターのインターンへ応募し、現在はコピーライティングを学びながらボードゲームソムリエとして活動しているようですよ。

【関連記事はコチラ】

照内紀雄のwikiプロフ!スーパー銭湯の世界サウニストって何?ブログ秘話紹介!

じゃらん編集長大橋菜央のWikiプロフ!出身大学や年齢、結婚した旦那を徹底調査!

スポンサーリンク

松永直樹のお勧めゲームは?

出典:http://7habits-game.com

松永直樹さんのお勧めゲームですが、結論から言うと

人生ゲーム、7つの習慣

のようです。

人生ゲーム自身が初めて行ったボードゲームということですから、思い入れがありますよね。

そして7つの習慣のボードゲームはと言いますと、松永直樹さんがゲームを作っているんです。

「7つの習慣」はちょっと前にブームがありましたが、有名なビジネス書ですよね。

そんな「7つの習慣」の出版社である「フランクリン・コヴィー・ジャパン社」から「ボードゲームを作ってみませんか?」という話があったんですね。

松永直樹さんが所属している「株式会社いないいないばぁ」マーケティングの会社ということもあり、なかなかこの企画にGoは出せなかったそうですよ。

しかし松永直樹さんは通常の業務以外に、7つの習慣の試作版を徹夜で完成させ社内でプレゼンしているんです。

その内容が素晴らしかったようで、今までボードゲームを作ったことのない会社がGoを出し、世の中に発売されることが決まったんですね。

やはり成功する人に必要なのは「行動力」なんでしょう。

そして、自分が作ったボードゲームということで思い入れも相当な物があると思いますよね。

そんな松永直樹さんはボードゲームソムリエとして、「ボードゲームの付加価値をあげる」ことを今後の活動テーマとしているんです。

ボードゲームというものを遊びだけでなく、色々なことに応用して世の中をさらに魅力的にしていきたいとのことですよ。

確かに「ゲーム」というのはとっつきやすいですから、7つの習慣のように「ビジネス」や「考え方」を学ぶゲームというのは面白そうです。

遊んでいるうちに勉強が出来ちゃった…なんてなったら最高ですよね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

松永直樹ってどんな人…ゲームボードソムリエ

ゲームボードソムリエって…ボードゲームの知識が非常に豊富な人

松永直樹のお勧めゲームは…人生ゲーム、7つの習慣

今回松永直樹さんについて調べてみましたが、正直ボードゲームの見る目が変わりましたね。

しかも、ドイツなんかではボードゲームは「大人の遊び」なんだそうです。

本場のボードゲームをちょっと体験してみたくなりましたよ。

松永直樹さんは「ボードゲームで世界を変える」ことを目標としているようですので、今後も期待したいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

照内紀雄のwikiプロフ!スーパー銭湯の世界サウニストって何?ブログ秘話紹介!

じゃらん編集長大橋菜央のWikiプロフ!出身大学や年齢、結婚した旦那を徹底調査!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です