葛西りまの写真・画像取り消しはなぜ?浪岡中学校いじめでの加害者からの圧力か?


葛西りま

出典:http://gatyapin.info

青森県黒石市の写真コンテストで、市長賞に内定していた葛西りまさんの写真が取り消しとなったようです。

浪岡中学校で起きたいじめ問題がその原因と考えられますが、市には非難の声や問い合わせの電話が殺到しているようですよ。

いったいなぜ内定が取り消しとなったのでしょうか?

そこには波風を立てたくないという市の思惑が伺えますが、なんでも加害者から圧力がかかったなんて噂もあるようです。

個人的には「いじめ被害者が被写体だった」ことは後からわかった事実ですし、適切ではないなんてことはないと思うのですけどね。

むしろ、そういった写真の方が色々と伝えられることも多いと思います。

問題は…遺族の方の了承が得られているかどうかではありますが。

ということで今回は

葛西りまの写真取り消しはなぜ?

浪岡中学校いじめの加害者からの圧力?

遺族の了承は得られていたのか?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

葛西りまの写真取り消しはなぜ?

葛西りまさんの写真が取り消しとなった理由ですが、結論から言うと

祭りの写真としてふさわしくない

とのことです。

元々このコンテストは「夏祭り」がテーマだったようで、葛西りまさんの写真は一般の方がたまたま撮影したものだと報道されています。

一旦は最高賞である市長賞に内定したものの、「祭りの写真としてふさわしくない」として取り消しとなっています。

被写体がいじめの被害者だということが判明したために、色々と騒動になることを恐れての対応だったのではないかと思いますが…逆に市に対して抗議の声が殺到しているようです。

青森県黒石市の写真コンテストで、自殺をした女子中学生が被写体だったことを理由に決まっていた入賞が取り消されたことについて、市の窓口には全国から抗議の電話やメールなどが殺到しています。

この問題は、黒石市が行った写真コンテストで、今年8月に自殺した青森市立浪岡中学校2年の葛西りまさん(当時13)を被写体として応募された作品が、いったんは市長賞に決定したものの、「祭りの写真としてふさわしくない」などとして、入賞が取り消されたものです。

黒石市役所には、19日朝までに把握し切れないほどの電話が寄せられていて、現在もつながりにくい状況が続いています。また、メールも19日だけで数百件に上り、大半は入賞の取り消しに対する抗議と賞の復活を求めるものだということです。

観光協会と市では、19日午後4時から会見を開き、取り消しに至った経緯などを説明する予定です。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

報道にあるように、午後4時より会見を開くということですので正式な理由の発表があるとは思いますが…恐らく建前上の理由の発表になるのではないかと思いますね。

ネット上では「加害者から圧力がかかったのでは?」なんて声もあるようです。

2016/10/19 追記

その後、最高賞が与えられると発表されましたね。

抗議の声が市に届いた形となりましたが、大きな問題になっただけに反発の声も残りそうです。

浪岡中学校いじめの加害者からの圧力?

葛西りまさんの写真が取り消しとなった理由ですが、結論から言うと

加害者からの圧力があった

なんて噂もあるようです。

あくまでも噂話にしか過ぎませんが、絶対にないとは言えないですね。

まぁどちらかというと「圧力がかかった」というよりは「加害者に配慮した」といった方が正しいかもしれません。

色々と複雑な問題に巻き込まれたくないと言う辺りが本音なのかもしれませんね。

【関連記事はコチラ】

馬越幸子のセメント事件がヤバ過ぎる!菊池勲との熱愛不倫でプラチナムから消される!

宮地佑紀生(由紀男)がラジオ生放送中に神野三枝を暴行して逮捕!理由は一体何?

スポンサーリンク

遺族の了承は得られていたのか?

葛西りまさんの家族の了承ですが、結論から言うと

取れていた

ようです。

むしろこの写真問題が表に出てきた理由もそこですよね。

葛西りまさんの両親が、撮影者から提供された写真を氏名と共に公表しています。

そして、その際に「一度内定したが取り消された」ということが判明しているんですよね。

遺族はこの写真と共に、亡くなった生徒の氏名を葛西りまさんと公表した。

葛西さんの父親(38)は同日、撮影者から提供された写真を公表した理由について「娘は最高の笑顔で、大好きな仲間と手踊りを披露している。いじめをなくすため、いじめで残酷な結果になったことを知ってもらいたかった」と話した。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

こういった背景が選考に影響を与えて、賞に選ばれたというのならば…それもまたちょっと違う気はしますが、選考が終わった後に発覚したことですからね。

写真コンテストですし、その写真の背景というものは関係がないような気もします。

とは言っても内容が内容ですので、遺族が「公開しないでほしい」と望むのであれば取り消しというのも納得ですが、今回の件はむしろ逆となっていますね。

遺族の了承が得られたのであれば、そのまま市長賞として決定して良かったのではないでしょうか?

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

葛西りまの写真取り消しはなぜ…ふさわしくないと判断

浪岡中学校いじめの加害者からの圧力…といった噂も

遺族の了承は得られていたのか…得られていた

とっても残念な事件に、更に残念な話題が降りかかった印象ですね。

遺族の方が望むこととは違うかもしれませんが、こういった騒動が改めていじめ問題を考えていくきっかけになると良いですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

馬越幸子のセメント事件がヤバ過ぎる!菊池勲との熱愛不倫でプラチナムから消される!

宮地佑紀生(由紀男)がラジオ生放送中に神野三枝を暴行して逮捕!理由は一体何?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です