篠山輝信は大分別府温泉のホテルマンだった?高い英語力は親譲り?


篠山輝信

出典:http://www.sponichi.co.jp

篠山輝信さんがホテルマンだったという噂があるようです。

噂の真相と、英語力に関して検証していきます。

スポンサーリンク

篠山輝信ってどんな人?

篠山輝信さんは東京都出身の俳優です。

1983年12月10日生まれの、現在32歳ですね。

父親は写真家の篠山紀信さんで、母親は元アイドル歌手の南沙織さんですね。

三人兄弟の次男で、4歳上の兄と2歳下の弟がいるそうです。

2006年の大学卒業を機に芸能界にデビューしています。

ちなみに、大学は玉川大学芸術学部ですね。

2006年に舞台「ANGEL GATE -春の予感-」にて役者デビューしています。

2007年5月に「踊る!さんま御殿!!」にてバラエティデビューし、以降は積極的にバラエティ番組に出演しています。

大分の別府温泉のホテルマンだったって本当?

そんな篠山輝信さんですが、大分の別府温泉でホテルマンをやっていたことがあるという噂があるようですね。

出身は東京都ですし…とちょっと不思議に思っていたのですが、どうやらテレビ番組の企画だったようですね。

2013年5月に放送された「仕事ハッケン伝」という番組の様です。

この番組はNHKのドキュメンタリー番組でして、「もし今と違う仕事についていたら、どんな人生を送っていたのだろう」がコンセプトなんだそうですね。

各界の著名人が「今アツイ企業」におよそ1週間入社し、通常の社員と同等の扱いで特別待遇は一切無しで仕事をするというものです。

なんだか面白そうな番組ですね。

そこから企業の経営哲学や会社の流儀を知り、著名人も「ありえたかもしれないもう1つの人生」を疑似体験する番組なんだそうですよ。

管理人よしはこの番組のことを知らなかったのですが、調べてみたら結構興味が湧いてきましたね。

しかし現在は放送していないのですね…残念です。

篠山輝信さんが働いたのは杉乃井ホテルというところで、年間年間60万人が訪れるんだそうです。

1年中、平日でも部屋はほぼ満室状態という超人気のホテルのようですね。

平日でほぼ満室というのは凄いですね!

しかし、そんな大人気のホテルも最初からだったわけではないそうです。

当時の番組紹介を引用してみますね。

今回の舞台は、大分県・別府温泉。

源泉数、湧出量共に日本一。

全国屈指の温泉街で最も多くの客を集めるのが、別府湾を見下ろす高台に立つホテル。

年間利用客60万人、1年中ほぼ満室! 今や大盛況のホテルだが、実は12年前に100億円を超える負債を抱えて経営破綻。

経営陣総入れ替えで再建をした過去を持つ。

今では棚田を模した大型露天風呂、ファミリー層や外国人客をターゲットに水着で楽しめるリゾートプール風の温泉など、次々と新たな施設を開設。

別府の地の利を生かした様々なあの手この手でリピーター客を増やし、V字回復を遂げた。

出典:http://dogatch.jp

と、このように再建に成功し今では大人気となったホテルでホテルマンとして1週間ほど働いていたようですよ。

番組内ではロビーサービスや飲食店のホールスタッフ、料理出し係や噴水ショーでの機材担当など、様々な役をこなしたそうです。

いや、聞いているだけで大変そうですよね。

当然初めてやる仕事ですので色々と至らないところはあったようですが、スタッフに助けられながら無事に就業を終えることが出来たようです。

篠山輝信さんはこの企画終了後にホテルマンに関して「ヒーローにならないスーパーマン」と答えていますね。

他人がやっている仕事というのは表面は見えても、なかなか細部まではわからないですよね。

こういった仕事の裏側を取り上げている番組というのは面白いですよね。

華やかに見える表側と違い、それを支える裏方の仕事の大変さなど、やってみないとわからないことはたくさんあります。

就活の学生のインターンシップなども、入社前に仕事の雰囲気を知ることが出来て良いですよね。

【関連記事はコチラ】

鈴木紗理奈の実家は料亭ではなく建築会社!摂津の父親には付き人がいた?

中山忍には現在も旦那が現れない?姉の中山美穂と壮絶な生い立ち!

土屋太鳳は姉と弟の本名も変わった名前!姉は富士通でチア部に所属?

スポンサーリンク

高い英語力は親譲りなの?

篠山輝信さんと言えば、冒頭でも紹介しましたが父親が写真家の篠山紀信さんで、母親が元アイドル歌手の南沙織さんといういわゆる2世タレントですね。

篠山紀信

出典:http://internet.watch.impress.co.jp

南沙織

出典:http://mokuren1130.blog61.fc2.com

両親が有名人であることからやはり色々と言われてきたようで、そのことに関してコメントを出していたこともありました。

七光りと言われること、親が有名人であることがコンプレックスにはなるそうですが、逆に「やってやろう」という気が起きると語っていますね。

管理人よしとしては「親の七光り」だろうと「コネ」だろうと、使える物はとことん使った方が良いと思いますけどね。

そういった声はたいてい「自分が持っていないものを持っていること」に対する僻みだったりしますので。

また、篠山輝信さんと言えば英語が話題になりますね。

なにせ俳優を目指すことになったきっかけが、「高校時代に英語劇に出演したこと」ですからね。

当時からそれ相応の英語力があったのだと想像出来ますね。

また、NHKの「しごとの基礎英語」に出演し英語力を見せていますね。

この「しごとの基礎英語」という番組は、ビジネスの現場を舞台とした劇のような物がありましてこれがなかなか面白いんですよね。

その中では生徒役の篠山輝信さんだけ台本がなく、「状況に合ったセリフを自分で考え英語で言う」というものなんですね。

そして、その対応に対しての良し悪しをスタジオで解説するという内容です。

台本がないわけですから、英語が話せるだけではなく英語での思考力も必要になりますよね。

これで受け答えが出来ているわけですから、英語力はそれなりに高いと言えそうです。

篠山輝信さんは結構長いことこの「しごとの基礎英語」に出演していまして、かなり上達していることがわかりますね。

ぺらぺらというレベルではないですが、日常会話には困らなそうです。

更には英語が喋れるのは親譲りといった意見もあるようですね。

と言うのも、母親の南沙織さんはバイリンガルなんですよね。

南沙織さんは、フィリピンと日本のハーフと言われることもあるようですが実際には両親とも日本人なんだそうです。

しかし、母親の再婚相手がフィリピン人だったため英語が話せるようになったそうですね。

子供である篠山輝信さんも影響を受けているでしょうから、南沙織さんから英語を教えてもらっていたというのも確かに考えられますね。

まとめ

篠山輝信さんはテレビ番組の企画で、大分の別府温泉でホテルマンを体験しています。

芸能人という特別扱いを受けずに働く、といった番組で貴重な経験になったようです。

英語力は高校の時から一定以上あったと思われます。

NHKの英語番組にも出演していますし、現在は日常会話には困らないレベルと言えそうですね。

また、母親の南沙織さんはバイリンガルですのでその影響もありそうです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です