小林麻央の病院がホスピスってマジ?余命は腹水写真から3ヶ月のため旅行を計画?


小林麻央

出典:http://laughy.jp

現在進行性乳がんの治療中である小林麻央さんですが、容態が心配ですね。

夫の市川海老蔵さんも「石川五右衛門」の撮影のために京都に行っているとのことです。

そのため、小林麻央さんは病院に再入院したと言われていますが…その病院がホスピスではないかと噂されているんですよね。

ホスピスというと「終末期ケア」を行うところですので、もう余命は長くないのではないかといった噂も出ていますね。

「腹水」という話も出ていますが、もはやどこまでが本当でどこからがデマなのかもわからなくなっていますね。

状況を整理しつつ、現在の状況をまとめてみたいと思います。

ということで今回は

小林麻央の病院がホスピスってマジ?

余命は腹水写真から3ヶ月と予想?

旅行を計画発言から余命はわずか?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

小林麻央の病院がホスピスってマジ?

小林麻央さんが再入院した病院ですが、結論から言うと

ホスピスではないか?

という噂が出ています。

小林麻央さんの再入院は6月13日のことでしたね。

夫の市川海老蔵さんがブログにて再入院を報告しています。

市川海老蔵(38)が13日に更新したブログで乳がん闘病中の妻小林麻央(33)の再入院を報告した。

この日朝に「今日から私は京都 今日からしばし入院」として車内で2人が手を握り合う写真を掲載。

「目立つので車の中でバイバイ。気を付けてね」と妻にエールを送った。

早朝のブログでは「家族と離れることはつらい。1年8カ月の間、特に海外公演はつらい思いをしていました。何かあったらとか余計な心配もしていたこともあり、すぐに帰れないのがつらかった」と明かした。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

確かに手術を現在までしていないことから、「もう手術出来る状況ではないのでは?」という噂が出ていましたね。

ホスピスというのは簡単に言うと「終末期ケア」を行うところであり、治療を行うのではなく痛みや苦しさを緩和するケアを行うところですね。

ちなみに小林麻央さんが入院している病院として噂されている「聖路加病院」にもホスピスはあるようですね。

とは言っても、市川海老蔵さんの会見では「今後手術を検討している」といった内容のコメントがありましたので、ホスピスへの入院はデマではないかと思われます。

手術を検討ということで、手術出来るレベルを超えた…いわゆる「ステージⅣ」までは進行しておらず、抗がん剤で癌を小さくしている段階ではないかと予想出来るんですよね。

以前の記事でもステージに関して書きましたが、恐らく「ステージⅢ」ではないかと思います。

やはり今回の再入院に関しては、市川海老蔵さんが仕事でしばらく京都に行くため不在となることが理由ではないでしょうか?

自分の不在時に何かあった時には子供達だけでは対処出来ないでしょうから、「病院にいた方が安心」といった部分が大きいと思います。

余命は腹水写真から3ヶ月と予想?

小林麻央さんの現在ですが、結論から言うと

腹水状態で余命3ヶ月

という噂が出ています。

まずは「腹水」というものですが、その名の通り「お腹に水が溜まる」というものですね。

もう少し詳しく言うと、内臓というものは腹膜という膜で包まれているそうで、その膜と内臓との間が「腹腔」と呼ばれるそうです。

そしてその腹腔には通常時でも少量の水が溜まっているそうですが、その水が過剰に溜まってしまう状態を「腹水」というようですね。

ちなみに通常時の腹腔の水は「20~50ml」と言われているそうですが、まだ記憶に新しい川島なお美さんの場合はなんと「5L」もの水が溜まっていたそうです。

この水により内臓が圧迫され「痛み」「食欲不振」などがおこると言われています。

そして癌が末期になるとこの腹水という症状が起きやすいそうですね。

ということで小林麻央さんも腹水症状が出ており、余命は3ヶ月ではないかと噂されているのですが…あくまでも噂の域を出ません。

また腹水状態であるといった写真などもないようですよ。

ではなぜこのような噂が出たのかというと、やはり初めに報道があった「小林麻央が太った」「小林麻央、3人目妊娠か」というものではないでしょうか?

「太ったor妊娠=お腹が出る」というイメージがありますし、「癌末期=腹水」というイメージがありますので、あの時の妊娠報道は腹水だったのではないかと噂されているものだと思われます。

しかし、小林麻央さんの妊娠説時も明らかにお腹が出ているというものではなく「ふっくらとした」というレベルでしたね。

小林麻央 太った

出典:http://secretnews.but.jp

これは「腹水」ではなく「抗がん剤の副作用」と考えた方が自然ではないでしょうか?

小林麻央さんが腹水で余命3ヶ月という噂は、信憑性の薄いデマ情報となりそうです。

【関連記事はコチラ】

小林麻央の情報はどこから漏れた?入院画像と病院はどこなのか?小林麻耶と同じ?

小林麻央の乳がんのステージはいくつ?余命や生存率がヤバい?

スポンサーリンク

旅行を計画発言から余命はわずか?

市川海老蔵

出典:https://thepage.jp

小林麻央さんの余命ですが、結論から言うと

旅行を計画発言から、わずかではないか

と噂されています。

これは市川海老蔵さんが記者会見を開いた時の発言ですね。

具体的な計画などはないようでしたが、「今年は休みを取って旅行に行きたい」という内容でした。

またステージや症状などの詳細は話さず「深刻という言葉でご理解頂きたい」という言葉が、こういった噂に繋がっていると思います。

やはり「深刻な状態」だと言われ、「休みを取って旅行に行きたい」と言われると「最後の思い出作り」という発想になってしまいますよね。

末期で動けなくなってしまう前に、まだ元気なうちに旅行に行きたいと捉えた方が多く、それが「余命はわずか」という噂になっているのでしょう。

しかし、休みなく働いてきた市川海老蔵さんにとってみれば今回の件は「家族の大切さ」を改めて認識した事柄だったとも思います。

今まで以上に家族の思い出を大切にしたいと思って、具体的な計画などはないものの「家族旅行に行きたい」という発言の可能性もあるのではないでしょうか?

小林麻央さんが動ける状態であれば、ずっと病院などにいるよりもちょっと旅行などに行って気分転換をさせてあげたいとも思いますよね。

確かに「最後の思い出作りに旅行に行きたい」とも聞こえる発言ではありましたが、あまり深い意味はないのかもしれません。

市川海老蔵さんは「仕事をセーブする」とも発言していましたので、今までよりも家族で過ごす時間を増やそうと思った結果、「じゃあ旅行にでも」となっただけかもしれません。

「まだ旅行に行けるくらい元気」とも取れますし、「元気になったら」とも取れますし、「最後の思い出作り」とも取れますよね。

余命がわずかというのはあくまでも噂でしかないですので、今後の展開を見守っていきましょう。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

小林麻央の病院がホスピスって…デマの可能性大

余命は腹水写真から3ヶ月と予想…噂レベル

旅行を計画発言から余命はわずか…こちらも噂レベル

今回は色々と出回っている情報や噂を改めて考え直してみましたが、深刻な状態としつつも「もう永くない」というレベルではないと思います。

どうしても「余命」などはセンセーショナルですし、気になる部分ですが…あまり信憑性のない噂が広まるのも問題ですよね。

治療はかなり大変なんだと思いますが、無事手術が出来る状態になり、手術が成功したというニュースを聞きたいですね。

そして順調に回復して、しっかりと休んだのちにまた表舞台に戻ってきてほしいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

小林麻央の情報はどこから漏れた?入院画像と病院はどこなのか?小林麻耶と同じ?

小林麻央の乳がんのステージはいくつ?余命や生存率がヤバい?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です