二階堂ふみの英語は独学だった?本当にペラペラなのか動画でチェック!


二階堂ふみ

出典:http://www.cinra.net

女優の二階堂ふみさんが、映画「ふきげんな過去」の記者会見で流暢な英語を披露したというニュースが出ています。

そういえば以前には「アナザースカイ」でも英語を披露していたような気がしますね。

二階堂ふみさんは一体どうやって英語を覚えたのでしょうか?

なんでも「独学」なんて噂もあるようですが…。

そういえば二階堂ふみさんは慶應義塾大学に在学していることも有名ですね。

高校も有名な進学校だったりするのでしょうか?

ということで今回は

二階堂ふみの英語は独学だった?

本当にペラペラなのか動画でチェック!

二階堂ふみの学歴が凄い!

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

二階堂ふみの英語は独学だった?

二階堂ふみさんの英語ですが、結論から言うと

独学

だけではないようです。

独学でも相当勉強したようですが、沖縄時代(中学まで)には英会話教室に通っていたという話もあるようですね。

そしてニューヨークに2ヶ月という短期間ではありますが、留学経験もあるようです。

2ヶ月ということを考えると、ある程度話せるようになってからニューヨークに行ったのではないでしょうか?

二階堂ふみさんの英語が話題になったのは2014年に受賞した「ライジングスター・アワード」ですかね?

この時の授与式で英語でスピーチしたことが話題になっていますね。

本当にペラペラなのか動画でチェック!

二階堂ふみさんの英語は本当にペラペラなのかですが、結論から言うと

かなりのレベル  

ではないでしょうか?

聞く人の英語レベルによって評価は変わってくるかと思いますが、母国語ではないですのでこのくらい話せれば困らないのではないかと思います。

まだまだ若く、本人も勉強中と語っておりますので、これからまだ上達するとも思いますよね。

[映画.com ニュース]小泉今日子と二階堂ふみがダブル主演した映画「ふきげんな過去」の記者会見が6月13日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われ、二階堂とメガホンをとった前田司郎監督が出席。

同所での会見は「ほとりの朔子」以来約2年ぶりの二階堂は、外国人記者に向け「大変緊張しています。ここにまた戻ってこられて、とても嬉しいです」と流暢な英語で挨拶した。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

このように、ちょっとしたスピーチは流暢にこなしてしまうレベルですね。

ネット上でもアナザースカイや英語でのスピーチを見た方の意見がありますので紹介します。

このように「英語が喋れる」という意見も多いですが、中には「簡単な文法と単語しか話していない」という意見もあるようです。

確かにスピーキングの方はそれほど難しいことは言っていませんが、あの積極的に話そうという姿勢が好感ですけどね。

英会話なんて中学英語のレベルの文法で十分通じるという意見もありますので、完璧を求め過ぎず積極的に話をするということを評価しても良いのではないでしょうか?

ちなみに動画を下に用意しましたので、どのくらいの英語レベルなのか実際に聞いてみて下さいね。

【関連記事はコチラ】

菅田将暉と二階堂ふみのフライデーの真相!星野源とはどうなったのか?

スポンサーリンク

二階堂ふみの学歴が凄い!

二階堂ふみさんの学歴ですが、結論から言うと

それほど偏差値は高くない

ようですね。

二階堂ふみさんの学歴は公表されているものとしては、現在在学中の「慶應義塾大学総合政策学部」だけなんですね。

慶應義塾大学に関しては、仕事が多忙過ぎたために現役合格を諦め一浪してAO入試にて合格となっています。

このことから、二階堂ふみさんが大学を合格したと話題になった時にはあまり良い反応ではない声も聞かれましたね。

AO入試は学力ではなく個性を評価する傾向が強いため、やはり一芸に秀でた芸能人は有利なイメージがあります。

AO入試(エーオーにゅうし、アドミッションズ・オフィス入試)

1990年慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC2学部)が、他に先駆けて導入した。

学科試験の結果で合否が決まる一般入試とは異なり、内申書、活動報告書、学習計画書、志望理由書、面接、小論文などにより出願者の個性や適性に対して多面的な評価を行い合格者を選抜する。

(中略)

「中央教育審議会」(中教審)の場で、「AO・推薦入試」が、「大学生の学力低下につながっている」と危惧する声があり、学力を担保するために、新たに設ける学力試験「高大接続テスト」(仮称)を実施すべきとの検討がなされている。

出典:https://ja.wikipedia.org

まぁAO入試かつ慶應の総合政策学部ですから、学力よりも他の部分を重視するというのは当たり前のような気もします。

学力が高いことも大切かもしれませんが、やはり一芸に秀でているということも大事ですよね。

誰しも芸能人になれないので、芸能界に居続けるというのは何かしらの能力が優れていることの証明ではないでしょうか?

ちなみに二階堂ふみさんの出身高校は公表されていません。

しかし「東京都立八潮高等学校」という説が濃厚のようですね。

この高校は決して偏差値が高い学校とは言えず、43くらいだと言われています。

中学時代には地元沖縄と、仕事先である東京を往復する生活を送っていたそうですし、高校進学と共に上京していますので…勉強する時間もあまり無かったと思います。

大学も現役を諦めるほど忙しかったようですし、高校もそれほど進学校と言えるような高校ではありません。

若い頃から仕事を目一杯やっていると、どうしても仕方ない部分ですよね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

二階堂ふみの英語は独学…だけではない?

本当にペラペラなのか動画でチェック…本文内の動画で!

二階堂ふみの学歴…それほど偏差値は高くない

二階堂ふみさんの英語に関しては、紹介したように色々な声が出ています。

しかし全く英語が出来ない管理人よしとしては、簡単な単語と文法と言われようがコミュニケーションが取れていることが凄いと思います。

そしてなにより、委縮せずに積極的に自分の想いや希望を伝えようとしているところが凄いですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【関連記事はコチラ】

菅田将暉と二階堂ふみのフライデーの真相!星野源とはどうなったのか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です