小林麻央の乳がんのステージはいくつ?余命や生存率がヤバい?


小林麻央

出典:http://geinouscandal.com

夫の市川海老蔵さんが会見で小林麻央さんが乳がんであることを公表されましたね。

進行性の癌であることは公表されましたが、ステージや余命・生存率などに関しては公表されていません。

「深刻な状況」として、現在の状況はあまりよくない感じの話でしたので心配ですね…。

乳がんと言えばちょっと前には北斗晶さんがなった病気として話題になりました。

女性なら誰でも可能性はあり現代では非常に多い癌とのことですが、他に乳がんの有名人はいるのでしょうか?

ということで今回は

小林麻央の乳がんのステージは?

余命や生存率がヤバい?

乳がんになった有名人は?

をテーマに検証していきます。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

小林麻央の乳がんのステージは?

小林麻央さんの乳がんのステージですが、結論から言うと

ステージⅢ

ではないかと予想されます。

まず状況を整理しておきますと、小林麻央さんの乳がんのステージに関しては公表されていません。

市川海老蔵さんの記者会見の内容では、市川海老蔵さん自身(恐らく小林麻央さん本人も)は全部聞いているとのことでした。

しかしステージなどに関する名言は避け「深刻という言葉でご理解いただきたい」としていました。

進行性の癌であるとのことや、1年8ヶ月もの入院生活といったこと、更には「状況は深刻」といった言葉から少なくともステージⅡ以上であることが予想出来ます。

一般的な話ではありますが、ステージⅣになってしまうと手術でどうこうといったレベルではなく「いかに余命を延ばすのか」といった段階なんだそうですね。

小林麻央さんの場合ですと「手術に向けて動いている」ということですので、抗がん剤治療により癌を小さくして手術で取り除く予定なのではないかと思われます。

そうしますと現在のステージはⅣまで行っていないのではないかと予想されますね。

しかし乳がんは比較的転移しやすい癌ということですし、進行性ということでこの間にも症状が進んでいる可能性もありますね。

転移が進んでしまうと手術出来る状態ではなくなってしまい、ステージとしてはⅣといったことになってしまいます。

あくまでも現時点でわかる情報からの推測ではありますが、小林麻央さんのステージはⅢといったところではないでしょうか?

余命や生存率がヤバい?

小林麻央さんの余命や生存率ですが、結論から言うと

わかりません

となってしまいます。

まずはステージすら推測の域を出ませんので、余命だ生存率だと言う話も推測になってしまうんですよね。

また、癌は結構個人差が大きいと言われますので小林麻央さんがどうなるのかというのは全くもってわからないとしか言いようがありません。

しかしそれで終わってしまうとアレですので、一般的な乳がんの余命や生存率などの統計データを紹介したいと思います。

まずはステージによる症状の違いですが

・ステージ0…非浸潤癌(乳管内に発生した癌細胞が乳管内に留まっている状態)

・ステージⅠ…腫瘍の大きさ(浸潤径)が2cm以下の浸潤癌でリンパ節転移のないもの

・ステージⅡ…ⅠとⅢの中間

・ステージⅢ…腫瘍の大きさが5cmより大きく、リンパ節転移を認めるか、(腫瘍の大きさにかかわらず)リンパ節転移を4個以上認める。

・ステージⅣ…(腫瘍やリンパ節転移の個数にかかわらず)遠隔転移(骨や肺、肝など)を認めるもの

出典:http://nyuugan-plaza.com

となるようです。

余命というのはその方にもよりますので、一般的な統計として5年生存率を見てみますと

・ステージ0…100%

・ステージⅠ…95.7%

・ステージⅡ…90.9%

・ステージⅢ…69.7%

・ステージⅣ…32.2%

出典:http://www.gan-info.com

となるようです。

あまり憶測で物を話したくはありませんが、小林麻央さんの話に当てはめて考えますとステージⅢと仮定した場合の5年生存率は69.7%ということになります。

乳がんは比較的予後が良い癌だと言われ、完治の可能性も高いということですね。

5年生存率を見てみましても、ステージⅢとステージⅣの差が大きいことがわかります。

言葉は悪いですが我々は他人事ですので、「5年生存率が約7割だから高いじゃん」と言えますが家族からしたら「3割は5年生きられない」ですよね…。

自分に置き換えて考えるとステージⅡだとしても「1割の方は5年生きられない…」と思うのではないでしょうか?

こう考えると無責任なことは言えないですよね。

一般的な乳がんを見てみるとこんな統計データになりますが、小林麻央さんにはそのデータなど関係なく、元気になることを祈っています。

【↓関連記事 女子アナ記事一覧↓】

女子アナ特集!アナウンサー・キャスターまとめ!

スポンサーリンク

乳がんになった有名人は?

乳がんになった有名人ですが、結論から言うと

かなりたくさんいる

ことがわかります。

あまりに多いですので、比較的最近の方をいくつかピックアップしますと

・南果歩さん…2016年3月にステージⅠで手術

・北斗晶さん…2015年9月に右乳房全摘出手術、わきのリンパに転移したがんを取り除く手術

・生稲晃子さん…2013年12月に右胸の全摘手術

といった方がいますね。

時期を問わずに超有名な方を挙げますと

・アンジェリーナ・ジョリーさん

・山田邦子さん

・樹木希林さん

・アグネス・チャンさん

・麻木久仁子さん

などがいます。

乳がんは非常に確率が高いと言われ、諸説あるようですが日本では「15人に1人くらいの確立」だと言われています。

一生のうちに乳がんにかかる方が15人に1人いるということですから、自分が乳がんになる可能性というのは非常に高いと考えて良いと思います。

先ほど5年生存率を紹介しましたが、早期に発見出来ればあらゆる癌の中でも非常に予後が良いものですので、早期発見のためにもしっかりと癌健診を受けていくことが大切ですね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

小林麻央の乳がんのステージは…Ⅲではないかと予想

余命や生存率がヤバい…予後は良い癌ではある

乳がんになった有名人は…あまりにも多い

市川海老蔵さんが会見やブログなどでも仰っていますが、今はとにかく治療に専念出来る環境を作って頂きたいです。

家族を守るためにわざわざ表舞台に立ち、会見を行った市川海老蔵さんですがなかなか出来ることではないですよね。

今後は手術の予定とのことでしたので、転移もなく手術によって癌が摘出出来ることを祈りたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

【↓関連記事 女子アナ記事一覧↓】

女子アナ特集!アナウンサー・キャスターまとめ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です