竹田圭吾の病気はがんで骨肉腫だった!また痩せたので余命が心配!


竹田圭吾

出典:http://sutakorasacchan.com

竹田圭吾さんの病気はやはりがんでしたね。

骨肉腫の噂と、心配な余命について検証していきます。

スポンサーリンク

竹田圭吾ってどんな人?

竹田圭吾さんは東京都出身のジャーナリストです。

1964年12月30日生まれの、現在50歳ですね。

慶應義塾大学文学部史学科を卒業後はスポーツ雑誌の記者を経て、1993年に「ニューズウィーク日本版」編集部に入っています。

ニューズウィーク日本版では1998年に副編集長、2001年から2010年10月まで編集長を務めていますね。

その後フリーランスとなり、主にテレビの情報番組でコメンテーターとして活動しています。

体調不良を理由として休養していた時期もありましたが、テレビ番組に復帰するとともにTwitterなどインターネット上で発言を行っていますね。

2010年10月6日より、東京都中央区教育委員を務めています。

病気はがん!骨肉腫?

竹田圭吾さんは2015年9月27日に、コメンテーターとして出演するMr.サンデー内で自身ががん治療をしていて、かつらを着用していることを公表しましたね。

番組内で、乳がんで療養中の北斗晶さんの特集の時のことでした。

そもそも、竹田圭吾さんが体調不良を理由に休養していたのが2013年11月頃でしたね。

そして復帰したのが2014年2月頃のことでした。

復帰した際には激やせしていたことが話題となり、何か病気なのではないかと噂になっていました。

最初の写真と見比べてみて下さい。

竹田圭吾 激やせ

出典:http://news.livedoor.com

明らかに痩せていますね…。

そして2015年9月のMr.サンデー内で、病気ががんだということを公表しています。

がん治療のため薄毛になりかつらを着用していることも公表していますね。

また、がんに対して自身の考えも述べていました。

僕も今、頭、これカツラでも仕事続けていられますし。

(がんに)襲われて闘うものでは必ずしもなくて、自分の中の一部に棲みついたものを宥めすかしながら、なんとかなんとか抑えながら生活の質を維持していくのががんなんだということを、検診を受けている段階から何となくイメージしておくといいと思う。

出典:http://www.j-cast.com

がんを宣告されたら真っ白になってしまいそうですが、病気を認めつつ戦うわけではなく共存していこうとする姿勢が素晴らしいですよね。

宣告当初は葛藤があったと思いますが、それを受け入れて前を見て進んでいくことは簡単ではないと思います。

詳細な病名までは公表されていなかったと思いますが、どうやら骨肉腫ではないかと言われているようですね。

骨肉腫というのは代表的な骨の悪性腫瘍だと言われています。

全国で年間約200人が新しく発症するとされ、約半数が10代、5~24歳までに3分の2が発症するとされているようです。

非常に若い世代に多い病気なんですね。

しかし最近では50代や60代の発症が増えてきているそうですね。

1980年以前は、骨肉腫の診断がついた時点でなるべく早く腕や足の切断術が行われていたそうです。

命には代えられませんが、手足の切断は辛いですよね。

しかしそこまでやったにも関わらず、切断後に次第に肺転移が現れ5年生存率は10~15%程度だったそうですよ。

現代では抗がん薬など、化学療法の発達によって骨肉腫の患者さんの生存率は著しく改善されているようです。

3分の2以上の患者さんが治ると言われており、手術療法も切断術から腕や足を残して切除する方法へと移ってきているようです。

化学療法が思わしくなくても、手足の切断ではなく部分切除でいけるようになってきたということですね。

【関連記事はコチラ】

浅野温子には孫がいたって本当?息子の年齢と子育てを放棄した話!

中野美奈子の旦那の名前は?職業は医師でシンガポールの病院に海外赴任?

平井理央の旦那の年収に驚愕!フジで演出を手掛ける蜜谷浩弥とフライデー!

スポンサーリンク

また痩せた、激やせと噂!余命はどのくらい?

2014年2月に激やせしながらも復帰した竹田圭吾さんですが、その後も「また痩せた」といった声が出ていますね。

この痩せ方と、がんの告白で「やっぱり」と思った方も多いのではないでしょうか。

病名をはっきりがんと公表したことと、この激やせを見て余命を心配している方も多いですよね。

骨肉腫ではないかと噂されていますが、実際にはどこのがんだかは公表していないようなので余命に関してもわからない状態です。

仮に骨肉腫だとすると、ステージにもよりますが5年生存率は60~75%と比較的高いようですね。

骨肉腫の場合は死亡原因のほとんどが「肺への転移」であるとされるようで、肺転移を防ぐのが大事なんだそうですよ。

しかし現代では医学の進歩もあり、肺転移した場合でも5年生存率は50~70%となっているようです。

転移がない場合は、ほぼ治った状態にまで持って行ける確率が約78%程度とされ、比較的完治させることが可能ながんのようです。

また、がんでよく聞く「痩せた」ということの理由ですが、主に3つあるようですね。

1つ目が、がん告知による精神的ショックで食事が取れなくなるケース。

2つ目が、食道や大腸、肺などにガンが出来ることによって、色々な部分が圧迫され食事が取れなくなるケース。

最後に3つ目が、がん患者が自ら発する「悪液質」と呼ばれる物質が痩せの原因になるケース。

この3つ目の「悪液質」は進行したガンの人に現れるのが特徴で、この場合ですとあまり余命は長くないと言われているようです。

骨肉腫ではない場合には、がんの種類によりますよね。

5年生存率が非常に低いものもありますので、非常に心配ではあります。

現在は抗がん剤による治療をしているようですので、今後回復に向かっていくと良いですね。

まとめ

竹田圭吾さんは自ら、がんであることを公表しています。

骨肉腫ではないかと言われていますが、公表はしていないようです。

余命に関しても不明ですが、骨肉腫の5年生存率は比較的高いとされています。

2016.1.11追記

1月10日の午後2時頃に亡くなったとニュースが流れましたね。

どうやらすい臓がんだったようです。

ご冥福をお祈り致します。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

【関連記事はコチラ】

浅野温子には孫がいたって本当?息子の年齢と子育てを放棄した話!

中野美奈子の旦那の名前は?職業は医師でシンガポールの病院に海外赴任?

平井理央の旦那の年収に驚愕!フジで演出を手掛ける蜜谷浩弥とフライデー!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です